87.虚血性心疾患を防ぐ!

ネット予約

健“hot”ブログ

87.虚血性心疾患を防ぐ!

2021/10/02

心臓病の中でも今一番の問題になっているのが、
心臓に関わる虚血性心疾患と呼ばれるものです。


◆虚血性心疾患とは、

心臓を働かせることを目標にした筋肉(心筋)に、
血液を送り込む機能を果たす冠動脈という血管が、

ギューギューになったり凝り固まったりして、
心筋へ充分血液を送れなくなることによって起きる心臓の異変の総称です。

 コレステロール等の固まったものが血管の壁面に溜まって、

血液が通りにくくなってしまったり、
老齢化において血管が凝固したりすること(動脈硬化)から引き起します。

 

動脈硬化によって冠状動脈への血液供給が低下するために起きるもので、

狭心症と心筋梗塞の2つがあります。


虚血性心疾患を防ぐには、動脈硬化の三大危険因子と言われる

「高血圧、高脂血症、喫煙」を取り除くことがなによりも大切になります。

最も重要となるのが食生活ですが、厚労省では5つのポイントを挙げています。
 

①エネルギーの摂りすぎに注意:肥満になると心臓に負担がかかる

②栄養バランスの摂れた食事:1日30食を目標に主食、主菜、副菜を組み合わせる

③脂肪の質・割合に注意:動物性脂肪と植物性(魚油を含む)との割合を1:1から1:2ぐらいに保つ

④塩分の摂り過ぎに注意:食塩の摂り過ぎは高血圧の原因になる

⑤食物繊維を十分に摂る:動脈硬化の予防に役立つ

食事以外では、生活のリズムを整えながら心地よい生活を送ることが大切です。

ストレスは早めに解消する、休養をとる、趣味の時間を持つ、

無理のない運動をすることなどを心がけて生活しましょう。

運動は、ウォーキングのような軽い運動を無理せず、続けることが大切ですよ♪

柏市の整体院では、施術後に軽運動の「身体のケア」を指導しています!!

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。