No.60 健康ひとくちメモ①

ネット予約

健“hot”ブログ

No.60 健康ひとくちメモ①

2020/11/25

カブは胃腸の調子を整える!

カブは京料理によく使われており、日本生まれの野菜だと思われがちですが、
実は、アフガニスタンが原産地です。


日本書紀に、
時の持統天皇が栽培を進めていたことが書かれているほど日本人には馴染み深い野菜です。


カブには、デンプンの消化を助けるジアスターゼ、
たんぱく質の消化を助けるアミラーゼがたくさん含まれています。


ので、胃腸を整えるのにはとてもオススメな野菜です。
食べた翌日は、胃腸の調子がよくなっていることでしょう。

ウナギとアナゴの違い

ウナギとアナゴを一緒だと思っている人も少なくありません。


ウナギに比べたら価格が安いので「ウナギの偽者」的な扱いを受けていますが、
ウナギとアナゴは違う生き物です。


ウナギとアナゴの大きな違いは、ウナギは川を行き来する魚で、
アナゴは海に生きる魚というところです。


一見見分けにくいところもありますが、ウナギとアナゴの簡単な見分け方としては、下アゴが出ていたらウナギ科、上アゴが出ていたらアナゴ科となります。


いやー、うな重、アナゴの天ぷらどちらも絶品ですよね!

かぼちゃを美味しく食べてもわうには

かぼちゃには栄養がたくさん入っていると言われています。

 

かぼちゃの甘みは、砂糖などの甘みではないので、
それだけで健康にいいというのは何となく理解できる・・・。

 

でも、子供や家族がかぼちゃを食べてくれない。
そんな悩みも多いのではないでしょうか?

 

かぼちゃの煮物だと、かぼちゃ嫌いの人は、
なかなか食べることができないかもしれません。

 

そんなときは、かぼちゃをスープなどにしてみるのもいいですね。

 

子供さんには、かぼちゃのプリンという手もありますね。
プリンにしてしまうと「かぼちゃ」ということはあまり気にされないようです。

 

◆かぼちゃの効果 高血圧、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、食物繊維、便秘の予防

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。