「墓守」肩こり、首痛、腰痛、ジャズピアニスト

ネット予約

健“hot”ブログ

No.6「墓守」肩こり、首痛、腰痛、ジャズピアニスト

2020/03/14

昨日、肩こり、背部痛、腰痛で来院された患者さん、

昨年の3月から月2回は健整療院に通院されているユーザーさんです。

平成31年3月に紹介で来院されたときの初対面、ぱっと見「佐野浅夫役の水戸黄門の時の格さん」

役で出演していた「伊吹吾郎」をふっくらしたような顔立ちで一瞬「おっと」と思いました。

水戸にある校門御一行


この患者さん(仮名伊吹さん)は、本職はジャズピアニスト、作曲もする、陶器も作る(写メ・頂きました)

マルチな才能をもっている「伊吹さん」です。

伊吹さんの本職は「ジャズピアニスト」

伊吹さんから頂いた「陶器」!

その時の話ですが、

年配の来場者の方がよく言う言葉が「お墓はどうなることかと・・・」

要するに墓を守る「墓守」がいなくなってしまうことらしいです。
 

少子高齢化の時代、子供がいない、子供が娘ばかりということが問題のようで

「ゆくゆくは墓じまい(廃墓)」になってしまうのでは、ということらしいです。

ここで墓守の仕事はというと「・墓の修繕等・管理費支払い・盆暮れの参列」の3つです。

これができないと最悪「無縁仏」になってしまうそうです。

こうならために最悪「永代供養」の手続きはしなければなりません!

墓守がいなくなってしまうと「檀家]が減り「寺」の存続も危ないのでは???

ひとつのことが滞ると他の事も回らなくなるのですね。

 

消費税を10%に上げたんだからもっと「子育て支援」をガンガンして、人口を増やさなくては!

コロナをさっさと片づけて「少子高齢化」対策に講じてほしいですね!! 安倍さん

 

明日でホームページ開設記念「1000円引」が最終日です!

この機会に身体の「メンテナンス」を、

ご予約をお待ちしています。
 

頑張っている自分にたまには「ご褒美」を!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。