No.88 今年もあと一ヶ月です

ネット予約

健“hot”ブログ

No.88 今年もあと一ヶ月です

2021/12/01

「オミクロン株」大丈夫ですか?

こんにちは!!健整療院です!

12月。早いもので今年も1年を締めくくる月になりました。

今年は、昨年に続き「コロナ」でしたがやっと感染者もぐっと減ってきて、

本日の千葉県の感染者は「0」人です。(11月30日20時現在)

日本は、いい状態に向かっていますがお隣の韓国は今月24日に感染者が過去最高の4115人を記録しました。

また、南アフリカでは「オミクロン株」という新しい株が発生して、まだまだ気は許せませんね。

しかし、「オミクロン株」が発表されて迅速に岸田首相が南アフリカ含めた近隣の10ヶ国の渡航禁止を発表したのは意外でしたね。

いつもなら中途半端に10日間隔離の上入国とかだったのが、すぐに渡航禁止でしたから、「岸田首相」は今までの総理大臣とは違うかな??

穴八幡本殿入口です

さて、22日は冬至。冬至は1年で最も日が短く、夜が長くなる日です。逆に言えば、冬至を境に太陽の力は強まっていきます。

中国では「一陽来復」と呼ぶ大切な節目になっていました。日が一番短くなる、つまり「陰」の気が極まるわけですが、

それは同時に「陽」の始まりでもあるからです。


「一陽来復」とは、冬至までの1年間、何か悪いことや不幸なことがあったとしても、

それは冬至ですべておしまい。翌日からはリセットされた新しい運が始まるという考え方です。

コロナで打撃を受けた方も一陽来復を願い、コロナからの再興への道が大きく開けることを祈願したいと思います。

この「一陽来復」で有名なのが早稲田にある「穴八幡宮」です。

一陽来復!!

陰極まって一陽が生ずる

一陽来復について、

穴八幡宮より授かった一陽来復の御守り・お札をその年の決められた恵方に向かって、

冬至(12月22日)、大晦日(12月31日)、節分(2月3日)のどちらかの深夜0時にお祀りすると

お金繰り(金銀融通)が立ち直ると呼ばれており、商売繁盛・金運上昇の護符として大変人気があります。


伊東もかれこれ8年程毎年「早稲田の穴八幡宮」で写メの護符をかって毎年大晦日の12時に恵方に向かって貼っています。

これで、来年は「お金まわり」が良くなりますかね。

プラス思考

プラスイメージ

今年は、昨年の年末から入院して2月中旬に退院して
「さあーこれから」という時に「コロナ禍」ですからね。
 

コロナも、日本では患者が激減していますが新しい
「オミクロン株」が出てきて一抹の不安がありますが、
国が徹底した水際対策をしているようなので一安心はしていますが、
 

今後どうなるかですね??


何はともわれ「プラス思考・プラスイメージ」でいけば
「いいことがある」と思って日々生活を送っています。
 

年末年始の準備で忙しくなります。体調には十二分にお気をつけてください。
 

少しでも調子が悪いと思った時は「健整療院」へ

12月の歳時記
 

◆7日 大雪 ◆13日 正月事始め 

◆22日 冬至 ◆24日 クリスマスイブ
 

「大雪」は二十四節気の一つで、雪が激しく降り始めるころ。
 

「正月事始め」はお正月の準備を始める日で、
お歳暮を贈るのも、この日から2日までとされていました。

 

それでは「一ヶ月間」頑張りましょう  

 

    「終わりよければ全てよし」です!!

ファイト!

健整療院が応援しています!!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。